歴史・沿革
歴史・沿革

松澤蒲鉾店の歴史

1910

明治43年10月

初代、松澤辨冶 仙台市街の南町通りで創業

1946

昭和21年5月

仙台市名掛丁83に本店移転(現、本店)
夏はアイスキャンディーを販売

1949

昭和24年2月

株式会社設立 代表取締役に松澤武雄就任(二代目)

1955

昭和30年3月

鉄道弘済会(現、キヨスク)取引開始 (平成8年11月取引終了)

1960

昭和35年4月

南鍛冶町店オープン (昭和57年3月閉店)

1964

昭和39年11月

工場を二軒茶屋に移転

1965

昭和40年3月

スーパーマーケットを同敷地内にオープン (昭和60年3月閉店)

1968

昭和43年3月

成田町にスーパーマーケットをオープン (昭和60年3月閉店)

1970

昭和45年12月

名掛丁中央2丁目店オープン (平成13年6月閉店後、賃貸ビル建設)

1974

昭和49年11月

トーコー鶴ヶ谷店オープン (平成7年6月撤退)

1978

昭和53年3月

エスパル店オープン(仙台駅構内/青葉区中央)

1980

昭和55年3月

決算期を9月31日より3月31日へ変更

11月

第33回全国蒲鉾品評会(仙台大会)で「カステラ蒲鉾」水産庁長官賞受賞

1981

昭和56年10月

工場を宮城野区日の出町(現住所)に移転

1983

昭和58年2月

南小泉店オープン (昭和62年12月閉店)

9月

東京営業所オープン (平成3年7月閉所)

1986

昭和61年4月

代表取締役に松澤宏樹就任(三代目)
本店を青葉区中央2丁目店へ移転

10月

第39回全国蒲鉾品評会(函館大会)で「笹かまぼこ」水産庁長官賞受賞

1988

昭和63年1月

宮城野萩大通店(若林区遠見塚)オープン

4月

広瀬通大町店(青葉区大町)オープン

1990

平成2年7月

笹かま包装室をクリーンルーム化

10月

第43回全国蒲鉾品評会(三重大会)で「笹かまぼこ」水産庁長官賞受賞

1991

平成3年3月

本店(青葉区中央2丁目)のリニューアル

1995

平成7年6月

駅前店(現、本店)リニューアル

1996

平成8年10月

第49回全国蒲鉾品評会(大阪大会)で「鯛入り笹かま」農林水産大臣賞受賞

1997

平成9年7月

仙台空港売店オープン

1998

平成10年5月

JR仙台駅売店オープン(平成15年1月取引終了)

1999

平成11年7月

エスパル店リニューアル

11月

『笹のかほり』商標再登録 登録第4338060号

2001

平成13年6月

本店閉店(青葉区中央2丁目)、駅前店を本店とする

12月

賃貸ビル竣工

2003

平成15年8月

宮城交通高速バス売店オープン (平成20年2月閉店)

2005

平成17年10月

本社工場外装リニューアル

2006

平成18年5月

『ささタン』発売
『炉ばた笹』商標再登録 登録第4955865号

2007

平成19年9月

第60回全国蒲鉾品評会で(大阪大会)で「ささタン」農林水産大臣賞受賞

2008

平成20年2月

東北自動車道 長者原SA下り売店取引開始

8月

『笹百年』商標登録 登録第5161722号

2009

平成21年8月

『ちびタン』商標登録 登録第5312414号

12月

ローソン仙台高速バスセンター売店取引開始

2010

平成22年10月

創業100年を迎える

2011

平成23年4月

東北自動車道 菅生PA上り売店取引開始

2013

平成25年7月

東北自動車道 長者原SA上り売店取引開始