このページの位置情報

松澤の味づくり

松澤の味づくり

松澤の味づくり

創業明治43年、松澤蒲鉾店は仙台に生まれ、仙台に育つ、創業100年の仙台蒲鉾老舗の味です。代々受け継がれてきた昔ながらの味を大切にしながらも、その時代にあった嗜好を取り入れ、皆様によろこばれるかまぼこづくりを目指しております。

笹かまぼこの起源

松島でヒラメの大漁がつづき、冷凍技術の無い当時、その処理に困った知恵のある漁師達が魚肉をまな板で叩いてタタキの様にして手で形を整え、竹串にさして焼いたのが始まりとされています。笹かまぼこが町で売られるようになったのは明治、大正の頃。
かまぼこの歴史では浅い笹かまですが今では仙台といえば笹かまと言われるほど、
全国の食卓にのぼるまでになりました。
勿論理由は美味しい味にありますが、名前にも原因があるのではないでしょうか。
今では全国の皆様に認知されている笹かまも昔は色々に呼ばれたらしく、手のひらに似た所から『ひら蒲鉾』、木の葉に似た所から「木の葉蒲鉾」、舌に似た所から『べろ蒲鉾』とも呼んでいたそうです。昭和になってから笹の葉に形が似ている所から『笹かまぼこ』と呼ばれるようになりました。
「笹かまぼこ」・・・やはり語感が良いですね。

かまぼこの弾力「足」

かまぼこには足(あし)があります。我々かまぼこ屋の業界では弾力の事を『足』言い、欧米の水産関係者も「ASHI」と呼んでいるほどです。良質でしかも美味しいとされるかまぼこはプリプリとした弾力があり、その弾力がサクッと噛み切れるものです。

かまぼこには何故弾力があるのかと言いますと、その秘密は「塩」にあります。
塩を使う事で魚肉の主成分であるミオシン、アクチンと呼ばれるタンパク質が溶け出し、この2つの成分が結合してアクトミオシンとゆうタンパク質に変化します。
さらにそれをしばらく放置しますとスポンジ状の網目がつくられ、この網目づくりが上手くいきますとかまぼこ独特の弾力、すなわち「足」の強いかまぼこが生まれます。

私どもの造るかまぼこも、創業して100年。
皆様のお口に召すような足の強さに仕上げております。
是非一度、当店のかまぼこの足を、ご賞味下さい。